ローンの返済が難しい方(任意売却)

  • Home
  • ローンの返済が難しい方(任意売却)

Private /

競売になる前に検討したい「任意売却」という選択

不動産購入時に組んだ住宅ローンが、後々になって重たくなってきてしまう??こうしたケースは、そこまで珍しくはありません。しかし、実際に滞納が続いて競売にまでかけられてしまうと、取り返しの付かないことに……そうした状況を回避できるのが任意売却です。こちらでは、新座市・志木市の福島土地株式会社が、任意売却の基礎知識をご紹介します。

任意売却とは?

任意売却とは?

住宅ローンで購入した不動産には、抵当権が設定されます。そして、何らかの事情で返済が滞ると、金融機関は抵当権に従って差し押さえを行います。差し押さえられた不動産は、最終的に競売へと回されてしまいます。

任意売却は、こうした状況を回避できる手段のひとつです。債権者と債務者が話し合い、合意の上で不動産を売却。その代金で、債務整理を行います。ポイントは、競売の売却価格が市場価格の3?5割程度なのに対し、任意売却であれば市場相場に近い売却価格が期待できる点です。

任意売却は競売開始前までに検討

任意売却は、いつでもできるというものではありません。競売開始のタイミングからは、一般的には実現が難しいとされています。滞納がわかったら、出来る限り早く対応を進めましょう。以下は、任意売却が可能な期間をまとめた表です。

任意売却が間に合います ローン滞納前 住宅ローンの返済は毎月できているものの、このままだと厳しい状況。早めに対策を考えるべきです。
ローン滞納3カ月以内 ローンの滞納が原因で、督促状や一括弁済通知が金融機関から届きます。そのまま放置を続けると、住まいが競売にかけられてしまいます。
ローン滞納4カ月以内 競売開始通知が裁判所から届きます。通常であれば、ここから4~5ヵ月の間に、競売が開始されます。
ローン滞納5カ月まで 競売目前。裁判所から執行官が訪れ、建物の写真を撮影するなど、競売に向けた調査が行われます。不動産関係者が訪問することもあります。
任意売却できません それ以降 競売が開始されます。この時点で、もう任意売却は行えません。手遅れになる前に、売却を検討しましょう。

競売と任意売却の違い

競売と任意売却とでは、売却価格以外にもさまざまな違いが現れます。以下で、いくつかの項目ごとに比較をしてみましょう。

項目 競売 任意売却
売却価格 市場価格の5?7割と、非常に安い価格で売却されてしまう傾向にある。 一般的な不動産売却と同じ手法で市場に出せるため、相場に近い価格が期待できる。
残債 任意売却に比べて、多額の残債を抱えてしまう可能性がある。 競売よりも高く不動産を売却できるため、住宅ローンの残債をより多く減らせる。
残債の返済 返済方法はすべて債権者に委ねられ、交渉は不可。無理な支払いが続いてしまう可能性が高い。 住宅ローンの返済方法を交渉できるため、無理のない分割返済も期待できる。
プライバシー 競売情報は新聞やネットに公開される。近所や職場の人がそれを見ることで、競売の事実が知られてしまう可能性がある。 秘密厳守で進められるため、任意売却を周囲の人に知られる心配が減る。
立ち退き 落札者決定法は、相手の都合に合わせて引き渡しが行われるため、強制立ち退きの可能性も考えられる。 引き渡しについて、事前に協議が行えるため、無理やり立ち退きを強制される事はない。
引っ越し費用 売却代金はすべて住宅ローンの返済に当てられ、引っ越し資金を捻出するのは難しい。 交渉次第では、引越し費用を捻出できる可能性がある。
生活再建 全てが競売のペースで進められるため、今後の生活再建に向けた計画を立てるのは難しい。 次の生活で必要となる資金を残せるため、生活再建の目処が立ちやすい。

売却後も住み続けられるリースバック

売却後も住み続けられるリースバック

「事情により住まいを売却するのは致し方ないにせよ、できれば今の生活を続けたい……」
そうお考えの方には、リースバックがおすすめです。リースバックとは、第三者に自宅を売却し、そこを賃貸として借りて住み続ける方法です。さらに、将来的には買い戻したいという方のためには、賃貸契約終了後5年以内を目安とした特約を設定することもできます。収入源が一時的なものであったり、購入資金の目処が立ったりするような場合におすすめです。

ただし、賃貸借契約を結ぶ関係で、安定的な収入や連帯保証人の条件、賃貸保証会社への加入といった条件もあります。詳しくは、当社まで直接ご相談ください。