不動産売却成功のポイント

  • Home
  • 不動産売却成功のポイント

Point /

不動産売却を成功に導くためのポイント

不動産売却を成功させるためには、売主様ご本人が正しい知識を身につけている必要があります。こちらでは、新座市・志木市で不動産売却を手がける福島土地株式会社が、不動産売却の基礎知識を解説します。

不動産会社の選び方

不動産会社の選び方

不動産売却において、不動産会社は大切なパートナーです。じっくりとコミュニケーションを取った上で、信頼のおける業者を選びましょう。以下では、不動産会社の選び方をご紹介します。

適正価格による査定かをチェックする

「少しでも高い価格で不動産を売りたい」と考えるのは当然のこと。そのため、複数の不動産会社に査定を依頼して、最も高い価格を提示した会社に仲介売却を依頼するというのは、効率的な方法です。しかし、一部の不動産会社の中には、市場側とかけ離れた高額査定額を提示してくるところもあります。こうした会社の目的は、お客様のためではなく、あくまでも多くの契約を取りたいだけなのでご注意ください。

高額査定を信じて不動産を売り出し、その価格で売れれば何の問題もありません。しかし、市場相場からかけ離れた価格の物件がすぐに売れることは稀です。結果として売れ残り、不動産会社から価格変更を提案されることもあるでしょう。場合によっては、市場価格よりも低い価格で購入されてしまう可能性もあります。

不動産売却で大切なのは、市場相場をしっかりと把握することです。それを踏まえた上で、妥当な査定結果を提出してくれる不動産会社を選びましょう。

担当者の信頼度を見極める

不動産売却の成功の鍵は、対応する担当者の腕にかかっているといっても過言ではありません。そのため、打ち合わせの様子などから信頼度を測りましょう。責任感がなく、営業活動も消極的で、説明も不足しているようであれば、依頼を避けるべきです。一方、しっかりと話を聞いてくれて、お客様の立場になってくれるような担当者であれば安心です。

販売実績から不動産売却の実力を確認する

一口に不動産会社と言っても、その業務は多岐に渡ります。そして、不動産会社ごとに得意な分野というものも存在します。つまり、不動産売却を行うのであれば、不動産売却を得意とすることが大切なのです。

ポイントになるのは販売実績です。これまでにどのような不動産の売買を手がけてきたのか、年間の取り扱い数など、さまざまな角度から実績をチェックしてください。

不動産の売却で必要な費用

不動産売却は収入だけでなく支出も伴います。事前に出費を確認して、適切な資金計画を立てましょう。以下は、不動産売却で必要になる主な費用です。

登記費用 不動産売却後には、売主様から買主様へと名義を移す必要があります。この際には、登録免許税が必要です。加えて、登記を司法書士へ依頼するのであれば、その報酬も計算に入れなくてはなりません。
仲介手数料 仲介売却を不動産会社に依頼し、売買契約が成立した場合は、不動産会社への成功報酬(仲介手数料)が発生します。
測量費用 土地・建物を売買する際には、境界線に関するトラブル回避のために測量を行う場合があります。この際には測量費用が必要です。
建物解体・リフォーム費用 不動産を更地にしたりリフォームしたりした後で引き渡す場合は、それぞれの工事費用がかかります。
引っ越し費用・仮住まい費用 現居の売却の場合は、新居への引っ越しや仮住まいの用意などで費用がかかります。
印紙代 不動産売買契約への貼付が必要な印紙代です。
譲渡所得税 不動産売却額が取得額を上回った場合は、譲渡所得税の課税対象としてみなされます。なお、所得金額がわからない場合は、売却価格の5%で計算されます。
仲介手数料

仲介手数料の金額は、売主様と不動産会社とのあいだで自由に設定できます。ただし、仲介手数料には、宅地建物取引業法に定められた上限があります。以下は、その上限額を求める計算式です。

不動産売却の代金400万円以上 仲介手数料 = 売却金額 × 3% + 60,000円 + 消費税
不動産売却の代金400万円以下 仲介手数料 = 売却金額 × 4% + 20,000円 + 消費税
不動産売却の代金200万円以上 仲介手数料 = 売却金額 × 5% + 消費税