空き家の管理・相続・離婚相談

  • Home
  • 空き家の管理・相続・離婚相談

Emptyhouse /

空き家の管理・不動産の相続でお悩みの方へ

不動産が関連する相続には、多くの問題が発生しがちです。将来的に活用する予定のない家などを相続し、現在も空き家として所有しているのなら、適切な対策を考えていく必要があるでしょう。新座市・志木市の福島土地株式会社が、空き家や不動産の相続、離婚時の問題について解説します。

空き家を放置することのリスク

空き家を放置することのリスク

長い期間にわたって人が住んでいなかった家は、外見が悪化するだけでなく、室内にもいろいろな問題が起こっています。たとえば、風通しがなくなることで悪臭がこもったり、湿気でカビが発生したり。さらには、ポストに郵便物やチラシが貯まることで留守が分かるようになり、空き巣から狙われてしまう場合もあります。

こうした状況から原状回復を行うのには、大きなコストがかかります。また、いざ売却をしたいとなったとしても、価値が著しく下がっているため、期待どおりの価格には届かないでしょう。以下から、空き家を放置するリスクについて解説していきます。

泥棒

ポストは誰からも目につく場所に設置されています。ここにチラシやダイレクトメールなどの郵便物が溜まったり、蜘蛛の巣が張ったりすると、空き家であることがバレバレ。空き巣が入るのには最適な環境です。とくに1階部分に部屋があると空き巣だけでなく、不法投棄や放火、落書きといった犯罪リスクも高まります。

カビ

家というのは、人が住むことで通気・換気が行われます。しかし、空き家の場合は窓が閉め切られているため、湿気が充満し、カビの発生につながることも。いざ人が住むとなった際には、カビを吸い込んでしまうことで人体への悪影響が懸念されます。また、畳や床、塗装といった内部の腐食につながります。

さび

湿気や雨漏りは、カビだけでなく家電・家財道具のサビにつながります。また、水道管などで使われている鉄部にサビが発生すると耐久性が低下し、建物の寿命を縮めてしまいます。

臭い

人の住んでいない家では水道の利用がなく、風呂場や流し台・洗面所の排水溝から下水の臭いが漂うようになります。また、トイレタンクの水が蒸発してしまうことで、悪臭が発生することも。売却の際、こうした点はすべてマイナスポイントになるので注意が必要です。

雑草

庭やプランターに生えている植物・雑草をそのままにしていると、見た目が悪くなるのはもちろん、害虫などが棲みつく原因になりえます。さらに、虫が大量発生してしまと、ご近所の方に多大な迷惑をかけることも。また、除草作業も大変。余計な費用もかかってしまいます。

相続問題でお悩みではありませんか?

相続問題でお悩みではありませんか?

不動産が関わる相続には、さまざまな問題が考えられます。こうした際に、頼りになるのが不動産会社です。弁護士などと連携を取りながら、プロならではのアドバイスを提供してくれます。
また、相続と聞くと、財産を受け継ぐ方の問題と考える方が一定数いらっしゃいます。しかし実際には、財産を残す側にとっても、相続は非常に気になるもの。だからこそ、事前に不動産会社へ相談をすることが大切です。

不動産が関わる離婚の問題について

不動産が関わる離婚の問題について

何らかの事情で離婚をしなくてはならないとき……不動産が関わると、悩みの種が増えてしまいます。たとえば住宅ローンの取り扱いを今後どうするのか? どちらが住むのか? 所有権はどちらにするのか? などなど……。ひとつずつを冷静に決めていかなければ、離婚後のそれぞれの生活にも悪影響がでてしまいます。

そのため、はじめに求められるのはご夫婦での話し合いです。正しい手順を踏みながら、一時的な感情に流されることなく、粛々と進めていきましょう。ただし、離婚時の財産分与にはトラブルもつきもの。こうした際は、不動産のプロフェッショナルへご相談するのもおすすめです。当社でも、離婚時のアドバイスを承ります。ぜひお気軽にお問い合わせください。